トイレリフォームをする前に知っておきたいこと

新築で建築した住宅も、5年以上が経過すると徐々に故障個所や劣化箇所が出てきます。

10年も経過する頃にはリフォームにお金をかけなくてはならなくなるほどですし、その後もあらゆる箇所が劣化してきますので、家のローンや水道光熱費以外にも毎月リフォーム代を支払うつもりでお金は貯めておく必要があります。


リフォームの中でもトイレリフォームはそれほどお金がかからないリフォームとして位置づけられています。トイレリフォームはトイレの便器や壁紙などを取り替える工事ですが、費用も10万円台ですることができます。

トイレリフォームは、何もトイレが故障した時や劣化した時だけでなく、水道料金を節約したい場合や掃除をしやすくしたいという目的でする人もいます。

ただ、現実的に考えるとトイレが劣化したり故障した時がきっかけとなり、じゃあ水道代の節約にもなるし掃除もしやすいトイレに替えようかという発想が普通です。

トイレリフォームの際に新しいトイレにする場合には節水トイレが長期的に見て水道代を安くするのに貢献します。



節水トイレを利用することで年間2000円の水道代が安くなるのです。

まったく新しいNAVERまとめといえばこちらのサイトです。

一般家庭の水道代のおよそ1割弱が減少することになります。

トイレはすべての水回りの中で一番水道代がかかりますので、節水トイレに取り替える意味は大きいのです。

ちなみに節水トイレの価格はおおよそ8万円ぐらいになります。

業者によっては割引してくれる業者もありますので、見積もりの段階でその旨聞いてみるとよいでしょう。

世田谷でトイレ交換が気になる方に必見の情報です。