バナー

脱毛で色素沈着ができてしまう理由

脱毛を行うと、後々色素沈着ができてしまうことがあります。

色素沈着は強い紫外線を浴びたり、毎日体を洗う時に強くゴシゴシとこすったりすることでも発生しますが、脱毛も大きなリスクとなることは間違いありません。
脱毛を行うと、どのような方法であっても皮膚に多少の負担をかけてしまいます。
肌はそれを外部からの攻撃とみなして、皮膚を守るためにメラニン色素の生成を活性化させます。


メラニン色素の量が増えただけでは問題にはなりませんが、排出のスピードが追いつかなくなると問題になります。
生成量が排出量よりも多くなると、排出し切れなかった分が少しずつ蓄積されていき、肌に留まる量が増加していきます。



それが一定量になると肌トラブルとして表面化してきますので、現在何も現れていないからといってメラニン色素に排出が上手くいっているとは限りません。



排出のスピードが速ければ問題にはなりませんので、日頃から肌代謝を高めておくことが大切です。

代謝が遅れると色素沈着だけでなく様々なトラブルが発生します。

代謝の悪い人は肌が乾燥して皮膚が硬くなっていることが多いので、保湿をしっかりと行って柔らかい状態へと戻してあげることが大切です。



皮膚が柔らかくなると肌細胞の働きが活発になりますので、瑞々しい細胞の生成量が増えます。そうなれば化粧品の浸透率も高くなりますので良い循環が生まれて、現在現れている肌トラブルもスピーディーに解消できます。